#ootd その日のNNYスタッフの着こなしを見てみよう vol.01

季節の変わり目で 気温の変化が著しい今…どんな洋服で出掛けようかと悩む今日この頃。

余談ですが姫路って他の場所より体感−3℃くらいな気がします。

なんかこう世界遺産から吹き抜けてくる風が駅側にビュウと流れ込んでくるので寒いんですよね

 

 

 

昼間は暖かいのでシャツ1枚でもいい気がしますが夜の帰り道がとても寒い…

 

そういう時にちょうどいいアウターってなかなかないのですが播州織のダブルガーゼ素材でできたこのコートはこうゆう温度変化が激しい時にちょうどいいのです。

暖かい時は空気を孕み逃さず一定の温度で保ってくれるので毎日これにするかってパッと持ってっちゃいます。

 

All Matching Hoodie Coat – Double Gauze 〈Black〉– ¥36,000(tax in)

 

 

素材感でがちなオールブラックなコーディネートですがこうやって光沢感のあるインナーと合わせても◎!

むしろこのツルツルで光沢のあるサテンのシャツと光沢がなくマットでレザーのようなクシュっと細かい流れるようなシワ感がいいんです。

 

 

Tops- Giappone Camiceria 〈Black Satin〉 ¥33,000   Bottom-Leather×Cotton “Skinny”Pants 〈Black〉 ¥33,000

 

 

トップスのシャツはコットンサテンでツルツルとした光沢のある表情で見た目は綺麗でフォーマルな見た目に反しカフスや襟、イカ胸デザインの芯を排除しているので硬い布の部分が肌に干渉せずかなり軽く着やすい着心地です。

このシャツでもちろん寝れますし夜行バスでもこれで過ごせるくらいには着心地がよくうっとりします。

 

 

 

 

個人的にはリラックスした生地に光沢の少ないワイドパンツとジャケットなんかと合わせて生地違いで重ねてレイヤードして着用もいいですね。

シャツなんですが左右にポケットがついてますので前全部開けてシャツジャケットっぽく何て着方もできますのでスタイリング次第で見え方もすごく変わります。

 

黒でベーシックなシャツとかスタンドカラーの白シャツとかも持ってるのですがそれに合わせる服って何となく決まってて…でもこれならスキニーと合わせたり前開けてカジュアルな半パンとかと合わせたり綺麗なスラックスと合わせたりとなかなか今パッて思いついただけでもこんな出てきました。

 

 

 

ボトムスは膝から上の前面部分だけがレザーでそれ以外がコットン混紡でできており何といってもこの膝部分の切り替えや履き込むごとにつくシワやレザー面の光沢が気持ちよくて….

何とも言えないのですがこれがわかる人は多い気がします。

 

 

もちろん↑のように綺麗でドレッシーなシャツと合わせるのは勿論、オーバーサイズのスウェットやセーターと合わせてメリハリを持たせるのもいいですね〜。

間違いない万能なパンツです。

 

 

ワンアイテムずつピックして紹介しましたがどのアイテムも意外にどんな装いでも馴染んでくれますしいろんなコーディネートでもすんなり毎日の装いとして仲間入りしてくれます。

 

 

このブログでご紹介したアイテムをお探しの方はオンラインでももちろんお近くのNo,No,Yes!直営店舗まで足をお運びください。