『和紙』のハナシ

 

 

滋賀県にある

和紙加工工場にて

 

所作和紙シリーズの革が生まれている。

 

 

和紙を漉く、植物の楮(こうぞ)から、の工程ではなく

和紙を革に定着させる加工です。

 

 

 

 

革の床面(裏側)に樹脂を塗り、半日ほど乾かす。

 

画像は乾かしたのちの2度目の塗り工程。

 

枠組みを使って、全体に塗り

塗りをチェックしつつ、細部は手で満遍なく。

 

(枠組みは樹脂がくっついてしまうために、すぐに洗い流す必要がある)

 

 

冬場は樹脂が乾きにくく

夏場は

和紙が薄く軽いため

窓を閉め、扇風機を止めるなど、、想像するだけで、、、な現場。

 

 

 

 

和紙は越前の手漉きのもの

 

太い繊維と細い繊維が入り混じる

均一ではない表情をしている。

 

 

起源として

古来より日本人の生活に密着してきたもので、約1300年の文化がある。

 

明治より西洋から洋紙が入ったため、それと区別するために

紙が『和紙』と呼ばれるようになったそうです。説ですが。

 

『紙』とは

何らかの植物の繊維を水の中で分散させて、それを漉いてシート状にし、乾燥させたもの。

その国の植物の違いによって、当然ながら紙が変わる。

 

 

日本で発見された製法として

紙漉きの際に独自の『粘り成分』(トロロアオイという植物)を使っていること

 

用途として

書道用紙のように『ものを書く』以上に

障子や提灯、衣服、団扇や傘など、暮らしの中でさまざまに和紙が使われていたこと

 

日本人の技術の高さと、美的感性により、『薄くて均一』に

そして

日本人の暮らしの中で、それが文化として根付く。

 

 

他の国では、紙は紙。

 

紙に自国の名前が入る、

とても特別なことですね。

 

 

 

話は戻り・・・

 

 

 

 

 

ご覧の通り4、5人がかりで

空気が入らないように、丁寧に、徹底して。

 

和紙と和紙の継ぎ目もなくすように手で剥ぐ。

 

 

大きい革を並べて、数日間動かせないので

場所をとる。

その分、他の作業スペースもなくなる訳だから

なんとも恐縮というか、なんというか。

 

 

今現在、和紙×革を扱っているのは

ほとんどうちだけだそうです。

 

 

 

 

乾かした後に(天候や気温により1〜2日)

薄めの濃度の樹脂を和紙の上から塗る。

 

さらに

水分を飛ばし、定着させるために

ベイキングの機械(160度)に通す。

 

 

そうして

所作和紙シリーズの素材が出来上がる。

 

 

 

 

たかが紙、されど紙。

 

そんな紙と革の融合、と所作。

 

 

画像の白和紙コインケースは私物(約半年?くらいでしょうか)

工場さんで、とても人気者になりました。

 

 

僕たちが制作の背景を知れる

彼等が使っているところを見れる

 

 

たぶん同じくらいに貴重なことだと思う。

 

 

 

 

 

では、また。

 

 

nakabayashi

 

 

 

_______________________

 

No,No,Yes! Leather Tailor Tokyo
A : 渋谷区千駄ヶ谷3-2-8
T:03-3408-2706
M:tokyo@nonoyes.co.
営業時間15:15~19:19 定休日 : 月曜・火曜

No,No,Yes! Leather Tailor Osaka
A:大阪市北区曽根崎新地1-5-4 スプレッドビル1F-C
T:06-6342-0128
M:osaka@nonoyes.co.jp
営業時間15:15~21:21 定休日:月曜・火曜

No,No,Yes! Himeji Salon
A : 姫路市本町68-170 3F-5
T:079-240-5760
M: himeji@nonoyes.com
営業時間15:15~19:19 定休日 : 月曜・火曜

銀座ノ所作
A : 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座7F
T:03-3572-2320
営業時間11:00~21:00